本文へスキップ
各種障害の治療からリハビリ・セルフケア指導までトータルサポート
スポーツ障害お任せ下さい
千葉県松戸市馬橋1898
電話 
047-349-0554
お問い合わせは

電話:047-349-0554

までお気軽にご連絡ください。

 トレーナーステーション

 一緒に活動してくれる方を募集しています!!


トレーナー帯同
講師依頼
お気軽に御相談ください
活動報告
みちるACでストレッチ教室を開きました!
10月12日に松戸市運動公園でみちるACの活動の一環としてストレッチ教室を開きました。



今回のテーマは、「足首を柔らかくしよう!」で、クラブの中にも足首が硬く、屈伸をするとかかとが上がってしまう選手がいるので、怪我の予防もかねて、いろいろなストレッチを勉強しました。





また、倒立をして自分の身体が倒れないようにを上手にバランスを取れるかを、2人1組でチェックしました。
腕で支える筋力も大切ですが、腹筋と背筋を上手に使うことも倒れないためには大切です。





ストレッチの後は、保護者の方の質問コーナーとなり、成長期におけるスポーツの関わり方や、傷害別のストレッチの方法や、簡単なテーピングの方法などの質問が出ました。



ぜひ今回のストレッチ教室で学んだことを、競技結果向上に役に立ててもらいたいと思います!

みちるACの活動については、下のURLををクリックしてください!
http://www.michiru-ac.jp/
柏の葉リレーマラソンに参加してきました!
10月6日に柏の葉公園で行われた、柏の葉リレーマラソンに接骨院スタッフで参加してきました。

この大会で私たちのチームが参加したのは、「6時間リレーマラソン」で、柏の葉公園内のコース1周2.0975kmを6時間の間に何周できるかを競う大会でした。(そのほかに、同じ内容を3時間で走るものや、42.195kmをどれだけ早くリレーしながら走れるかを競うものもありました。)

普段はサポートに回るスタッフも今日は選手なので、入念なアップやストレッチをしてレースに備えていました。

   

この競技は最大10名まで参加をできるので、私たちのチームは男性6名・女性4名での編成。
10:00に大会スタートとなりました!!

  ← スタート前 


結果…

見事2位入賞!!!

みんなで表彰台を飾りました。
  

「ちーばくん」と「かしわに(柏市マスコットの黄色いワニ)」もゲストできていて、表彰時のちーばくんのドラムロールはプロ級でした!
   

爆風スランプさんなど、柏にゆかりのある方々のライブもあり、とっても盛り上がった大会でした!
 

    


松戸選手権大会にトレーナーステーションを開設しました!
8月31日・9月1日に松戸市運動公園陸上競技場で行われた、松戸選手権大会(第163回松戸市記録会)にトレーナーステーションを開設しました。



今回の大会では、2日間で3500人の選手が出場し、県内だけでなく県外の選手も参加されました。
また、今回は大学・一般の選手も多く参加していました。


トレーナーステーションの利用者も133名・169名と多く、活気ある活動になりました。


      



また、今回の活動では熱中症にならないように、トラックで予防の呼びかけを行ったため、氷を取りにくる選手も多数いました。

軽い熱中症の選手は出てしまいましたが、重篤な症状の選手は出なかったので良かったと思います。

次回の開設は11月9日(土)です。
選手のみなさん、ぜひ利用してください!
第29回オーバーナイトハイクの保護者・スタッフへ講習会を行いました
      

7月6日、柏市青少年センターで行われた、第29回オーバーナイトハイク事前講習会に講師として参加しました。

オーバーナイトハイクとは、夏休み期間の2日間、夜から朝にかけて柏地区を歩くという夏休み恒例行事です。

参加者は、夜に柏駅をスタートし、富勢中学校、市立柏高校、十余二小を回り、柏中学校まで約27Kmの道のりを歩きます。

今回は、そのオーバーナイトハイクをサポートする、スタッフ・保護者の方向けに、ストレッチの仕方や、ファイテン商品を使用したケア方法などを講義しました。

今年は8月24日(土)〜25日(日)の開催になります。

怪我人、急病人など出ないよう、達成感のある楽しい1日になれるようなお手伝いができたら幸いです。
高体連第12地区運動部顧問研修会で講義をしてきました

7月5日千葉県立柏陵高校で行われた「第12地区運動部顧問研修会」に講師として参加してきました。

内容は、スポーツ指導の現場における傷害の予防と対策と題し、千葉県第12地区の高校で、運動部を率いている顧問の先生方に向けて、ストレッチやテーピングの実技を行ったり、成長期の傷害、水分補給などの講義を行ってきました。

質疑応答では、たくさんの質問が出され、とても活気ある講習会になりました。

今回の講義内容が現場での指導に少しでも役立てば幸いです。

第162回 松戸市記録会にトレーナーステーションを開設しました
6月22日・23日に行われた第162回松戸市陸上競技記録会に、6月23日トレーナーステーションを開設しました。

今回の記録会は、県総体最後の記録会ということもあり、東葛地区の中学生だけでなく、船橋・習志野・市川地区からも参加していました。

      

そのため、参加者は1日目は110名、2日目は200名を超えていたそうです。
また、多くの選手が県の標準記録を突破し、県大会への出場権を手にしていました。

トレーナーステーションの利用者もとても多く、活気ある活動になりました。

県総体、県通信へ出場する選手の皆さんには、大会も頑張ってもらいたいと思います。
関東高校陸上総合体育大会にトレーナー帯同してきました

6月14日〜17日に南関東高校陸上総合体育大会が熊谷で行われ、スタッフがチーム帯同をしてきました。

        



関東大会は、同じ競技場で行われていますが南関東と北関東に分かれており、私たち千葉県は南関東枠での出場となります。
この大会で、各種目上位6位に入賞した選手は7月30日〜大分県別府市で行われる全国大会(通称インターハイ)に出場します。

          

大会期間の前半は天候が悪く、雨の中での大会となりましたが、それぞれの種目に出場した選手は学校の代表として、最後まで諦めずに力を発揮し、頑張っていました。


全国大会へ出場する選手のみなさんには、千葉県の代表、また南関東の代表として頑張ってもらいたいと思います!
千葉県高校陸上総合体育大会にトレーナー帯同してきました

5月16日〜19日に千葉県高校陸上総合体育大会が天台で行われ、スタッフがチーム帯同をしてきました。

         





この大会で、各種目上位6位に入賞した選手は6月に熊谷で行われる関東大会に出場します。

大会期間の4日間とも風が強く吹いていて、パフォーマンスへの影響もあったかと思いますが、それぞれの種目に出場した選手は学校の代表として、最後まで頑張っていました。


関東大会へ出場する選手のみなさんには、千葉県の代表として頑張ってもらいたいと思います!
千葉県内の高等学校に授業の一環として講義をしてきました

千葉県内の某高等学校に、授業の一環としてスタッフが講義をしてきました。

この高校では、1学期と2学期で合わせて12回の特別授業があり、今回の授業では、導入と応急処置の講義をしました。

今後、ストレッチやテーピング、リハビリや簡単な解剖学なども講義をしていきます。

いつもと違う仕事内容ですが、生徒のみなさんがわかりやすい講義ができるよう頑張っていきたいと思います!


ASCクラブ杯テコンドー選手権大会にトレーナーステーションを開設しました

5月4日に足立区総合スポーツセンターで行われた上記大会にトレーナーステーションを開設しました。




今年は例年よりも多く、280名の選手が参加したそうです。





当日での対応は50人ほどで、打撲によるアイシングの処置が最も多く、次いでスネなどへのテーピングでした。
例年多い熱中症は、今回は気温が高くなかったので発生しなかったので良かったと思います。


                 

今年で3回目の同大会でのトレーナー帯同ですが、今回も無事に大会を終えることができ、また勉強になり、とても良い経験ができました。
       
千葉県高等総体陸上競技 第四支部予選大会にトレーナーステーションを開設しました

4月28日、29日に野田市総合公園陸上競技場で行われた上記大会に、29日のみトレーナーステーションを開設しました。

     

当日は気温は高く、良いコンディションでしたが、風が強く選手は風に苦戦したようでした。





トレーナーステーションには115名の選手が利用して頂き、活気づいた活動となりました。

大きな怪我では肉離れが2名出てしまいましたが、早急な対応ができて良かったと思います。





利用内容はアイシングが一番多く、次いでストレッチ、マッサージ、テーピングでした。

アイシングの利用は、怪我が多い、という事だけではなく、試合後のケアで利用しているという選手が多かったので、自分のケアについての意識も高いのだと感じました。


予選を通過した選手のみなさんは、5/16から始まる県大会に出場します。
ぜひ頑張ってください!!

                        
                  < 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7>